【部分痩せの神様】キャビテーション痩身サロン特集!

MENU

キャビテーションを受けられない人と施術前後の注意点

キャビテーションの施術は、基本的に健康な人であれば受けることができます。
年齢や性別に関係なく施術が可能です。

 

しかし、以下に該当する人は基本的に施術を受けることができません。

  • 心臓に持病がある
  • ペースメーカーを装着している
  • 皮膚疾患や、皮膚に炎症・傷がある
  • アトピー性皮膚炎をもっている
  • 糖尿病の治療を受けている
  • 妊娠している
  • 血管に疾患がある

 

これらに当てはまる人は、必ずサロンのスタッフにその旨を伝えるよう注意をしてください。
事前に、カウンセリングが行われるため、施術を受けることのできない人へ間違って施術をすることはありませんので、ご安心を^^

 

また、上記以外にも場合によっては施術が難しいという人もいますので確認をしておくといいでしょう。

 

  • 生理中、もしくは子宮疾患がある人は、腹部への施術は控えたほうがいいです。
  • 骨が非常にもろい方は、施術に注意が必要です。
  • 火傷やケガをしている箇所への施術はできません。
  • 摂食障害をもっている人は、施術に注意が必要です。
  • 顔や胸への施術は避けましょう。

 

上に挙げたように、施術をしないほうが良い箇所や、場合があるため施術前に自信の健康状態や皮膚の状態を確認して、気になることは事前のカウンセリングで相談し、安全に施術を受けられるようにしたいものですね。

 

キャビテーションの施術前後の注意点

キャビテーションの施術を受ける際には、食事に注意が必要です。

 

施術前30分〜施術後2時間は食事を控えるようにしてください。

 

キャビテーションにより、脂肪を燃焼させて排出させようとしているのに、そこで食事をしてしまうと、カロリーを吸収し意味がなくなってしまいます。

 

さらに、キャビテーションによって脂肪が減るため、施術後2時間は飲食による脂肪の吸収率が高まっている状態です。例えお腹がすいてしまっても、施術前30分〜施術後2時間はカロリー摂取をしない、ということを忘れないようにしましょう。

 

お水やお茶などカロリーのないものは問題ありません。
というより、キャビテーション後は水分は摂る必要があります。

 

キャビテーションによって、脂肪が老廃物などと一緒にリンパへ流れていこうとしますので、その働きを助けるために水分は必要になってくるのです。

 

水分を摂ることでより痩せやすくなりますので、施術後は意識してノンカロリーの水やお茶など摂取するようにするのがコツです。