キャビテーションは安全?副作用とかはないの?

これまで紹介してきたように、キャビテーションは超音波を直接、体に照射して行う痩身法です。超音波を体に当てるので、「安全面は大丈夫?」と心配になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

ですが、キャビテーションによって体に悪影響を及ぼしたり、副作用などはほぼないと言っていいです。

 

キャビテーションによる超音波の周波数は、脂肪にのみ働きかけ、皮膚・筋肉・血管・その他の細胞には全く影響しないと、臨床実験により実証されているため、医学的にも安全だと認められています。

 

医療機関でもキャビテーションを利用した治療が行われているので、安心して受けることができます。

 

施術後に倦怠感を感じる場合があります

キャビテーションによる副作用はありませんが、人によって若干、体のダルさを感じることがあるかもしれません。

 

キャビテーションは脂肪を溶かし、リンパを通って肝臓などの臓器で代謝され排出されます。普段から、肝臓で代謝を繰り返し、体外へ排出をしているのに、キャビテーションを行うことで、更に臓器が活発に活動することになります。

 

ですので、内臓に負担がかかってしまい、ダルさを感じることがあります。

 

また、溶けた脂肪が一部血液と混じって、一時的にですが血中の中性脂肪値が高くなってしまうといわれています。

 

これは、日常生活の中で燃焼されると言われているため、心配はいりませが、施術前にこうした体への影響に関しても知っておくことは大切なこと。

 

こうしたことも踏まえた上で施術を受けることで、より安心してキャビテーションを受けることができるはずです。