【部分痩せの神様】キャビテーション痩身サロン特集!

MENU

キャビテーションは一気に全身ケアはできる?

キャビテーションの特徴として、自分の気になる部位ごとに施術を受けられるということが挙げられます。

 

引き締まったウエストを手に入れたいと思う人にはおなか回りを中心に、また脂肪のつきやすい下半身が気になる方には、太ももやふくらはぎだけというように一人一人に合わせて施術が可能です。

 

もちろん、これらのパーツをケアしていくことで全身痩せもできます。

 

ただ仕事に家事に育児にとなかなかエステに時間をかけられない人、また全身をしてもらいたい、と考えている人にとっては一気に施術を受けられたらいいなと思ってしまいますよね。

 

1回の施術で全身のケアはできません

一度に全身を施術してもらえれば、何回もエステに通う必要もなく、貴重な時間を有効に使えるかもしれません。

 

ですが、キャビテーションによる超音波の照射によって脂肪が破壊されます。そして、最終的にはエネルギーとして消費されたり、尿となって排出されます。尿となり排出されるためには、肝臓に脂肪老廃物が運ばれ、処理をされます。その後、腎臓で尿素となり尿として排出されているのです。

 

普段から肝臓や腎臓は活発に動いている状態なのに、キャビテーションを受けることによりそれ以上に活動するため、負担が多くかかってしまいます。

 

そのため、たまに施術後に少し倦怠感を感じることがあります。

 

また、キャビテーションによって代謝がよくなるので、体が火照ってきたり、汗をかきやすくなります。

 

一箇所、施術を行っただけでもそうした状態になるため、全身に施術を受けてしまうと、体がだるく感じてしまうことがあるのです。一度で全身のケアを受けることができれば嬉しいですが、体がだるくて普段の生活が辛くなっては、元も子もありません。

 

一度の施術で数箇所ずつ受け、定期的な施術を行うことが、体への負担も最小限に抑えられ、安全に理想的なボディへと近づくことができるでしょう。

 

人気の部位は「お腹回り」「太もも」「ヒップ」

キャビテーションによって、一番効果があるとされている部位は、腹部(ウエスト回り)です。

 

脂肪が柔らかいため、形が変わりやすい場所と言われています。初回のキャビテーションの施術でも、サイズダウンをすることが多く、人気のある部位です。

 

その次が太もも、そしてヒップ、二の腕、ふくらはぎと続きます。

 

下半身(特に太もも回り)は太りやすく代謝も悪くなってしまうと、脂肪細胞だけでなく、セルライトや老廃物まで溜まってしまう場所です。

 

そういった部位にキャビテーションをすることで、代謝を高め理想のボディラインに近づけるだけでなく、痩せやすい体質へと導いてくれます。

 

部分痩せが得意なキャビテーション痩身サロンBEST2はこちら